医薬品により肥満治療ができるのが、肥満治療薬です。その名のとおり、肥満治療薬というのは、肥満を解消へ導いたり、予防するために使われる薬剤です。肥満治療薬は厚生労働省より許可されて、国内の医療機関で処方される薬です。肥満治療薬は、痩せるためのサポートにもなるので、良い点も多いですが、どんな副作用があるのかも知っておきましょう。

肥満治療薬には大きく2つにわけて、過剰な食欲を抑制するタイプと、カロリー摂取のカットという役割のタイプがあります。大幅な減量には手助けになりますが、痩せている人の服用は、必要がなければ避ける方が良いです。あくまでも薬ですから、必ず副作用があるためです。また、無理なダイエットをすると、健康を損なうことにもなりますから、本当にダイエットが必要なのかも考えてみることです。

無理なダイエットをすることで、骨粗しょう症のリスクが出てきます。骨粗しょう症というのは、健康なはずの骨が、スカスカになってしまう怖い病気です。 骨粗しょう症になってしまうと、大した衝撃ではなくても、簡単に骨折をしてしまうことがあります。若い頃であれば、若さで無理なダイエットもできますが、年を重ねてから、その代償はカラダにあらわれやすくなってきます。

ダイエットのしすぎで骨がスカスカにならないよう、健康的なダイエットをしていきましょう。低体重の場合も、骨粗しょう症のリスクは高まりますから、健康体重を維持することが大切です。

一人でのダイエットが難しいのであれば、ダイエットクラブなどのダイエットサイトを利用してもいいでしょう。ダイエットクラブは、多くのユーザーが参加しています。ダイエットクラブであれば、同じ痩せるという志をもつ仲間と、ダイエットをシェアできますし、がんばりにもつながりやすいです。